おつけもの若菜
ID パスワード ログイン
商品一覧ご利用案内店舗一覧若菜についてお問い合わせリンク集
季節のおつけもの なごや名物 定番のおつけもの お詰合せ・ご進物 得月楼みりん奈良漬 鮮魚味噌粕漬
 
若菜について
     
 

若菜のはじまりは、料亭<得月楼>が開業した江戸時代(文政11年)にさかのぼります。
幕末の詩人、頼山陽がこの店に遊び、清流堀川に映った月を眺めながら作詞した一節から、
得月楼と名づけられました。名古屋の堀川にかかる納屋橋のたもとに起こした得月楼は、
器、料理に心を配り吟味しましたので、全国にその名を知られる程となりました。
評判の料理の中で、特に自家製の奈良漬は天下一品ともてはやされ、大正時代からは
漬物店を独立してかまえるようになりました。

戦後、料亭は閉じましたが、その職人の技術を受けついで昭和21年、"おつけものの若菜"
として新たに出発いたしました。そして、昭和28年に東京銀座に店をかまえたのを契機に、
全国のおつけものの名品を探し求め、ご紹介しました。信州野沢菜、福岡の高菜、広島の広島菜、
鹿児島のつぼ漬、熱海の七尾沢庵等、当時としてはその土地に行かなければ手に入らぬものばかり
でしたので都会の皆様にたいへんお喜びいただけました。 地方のお漬物を紹介すると同時に、
早くから低塩度の浅漬の開発に取りくみ、時代にあったお漬物を手がけつつ現在にいたっております。

若菜の歴史の中で、一貫して目指してきたのが、本来の味の追及です。
これからも歴史と自然に教えられた漬物づくりの基本姿勢は崩さずに、未来の食卓において
お漬物が必要とされ、愛され続けることを目標に、新たな漬物づくりにもチャレンジして参ります。

    
頼山陽による「得月楼」の書 創業当初、昭和20年代の本社工場 昭和30年代の銀座本店
 
 
若菜の歴史
 
昭和21年 得月楼の漬物部門を引き継ぐ形で奈良漬の製造を始める。
昭和26年 名古屋の納屋橋に“おつけもの得月”を開店。
(文政11年創業の頼山陽命命名による料亭「得月楼」を改称)
昭和28年 名古屋栄の丸栄百貨店に出店。(最初の百貨店店舗)
東京・銀座に“おつけもの若菜”を開店。
(若菜の商号は作曲家山田耕筰先生の命名)
昭和31年 株式会社若菜を設立。山田清三社長に就任。
梅干・らっきょの製造を開始。
東京渋谷の東急百貨店に出店。
本社に漬物研究室を開設。
銀座三越、三越日本橋本店への出店
昭和41年 浅漬けの製造を開始。
名古屋オリエンタル中村(現・名古屋三越) に出店。
小田急百貨店に出店。
昭和49年 東京・世田谷代沢に東京営業所ならびに配送センターを開設。
昭和51年 新工場開設。パッケージ商品の量産体制を備える。
スーパー卸部門開始。
主要な原料を減農薬・無農薬・有機野菜に転換。
昭和53年 成城石井との取引を開始
昭和60年 名古屋の「得月」を改め、称号を“若菜”に統一。
昭和61年 本社に直営店を開店。 羽田空港に直営店を開店。
平成 2年 山田謹一社長に就任。
松阪屋名古屋店に出店。
平成 5年 株式会社銀座若菜の設立
平成10年 東京大丸に出店
平成17年 中部国際空港(セントレア)に直営店を開店。
ecute大宮・ecute品川に出店。
平成22年 東急フードショー、アトレ吉祥寺店への出店
会社概要
 
社 名 株式会社若菜
屋 号 名古屋:文政創業 若菜 東京:銀座若菜
所在地 〒497-0033 愛知県海部郡蟹江町蟹江本町ヤノ割46
TEL 0120-05-1630(本社工場直売店)
設 立 昭和31年2月28日
資本金 2400万円
代表者 代表取締役社長 山田 耕平
従業員数 150人
売上高 13億5千万(平成27年度)
事業内容 漬物およびその関連商品の生産と販売
所在地 本社工場 愛知県海部郡蟹江町蟹江本町ヤノ割46
銀座本店 東京都中央区銀座7-5-14     ⇒銀座若菜ホームページ
東京営業所 東京都世田谷区代沢4-2-17

 
商品検索 検索
新規会員登録
ログアウト 会員情報修正・削除
カートを見る
ご注文照会